FineNews Today
2024年02月25日(日)

FineNews Today

新製品・新サービス
IT
フード
ファッション・美容
スポーツ・エンタメ
セミナー・イベント
出版情報
新着ニュース30件






























プレスリリース
トップ » プレスリリース » ピーエムジー株式会社

債権譲渡の緩和が一般消費者へ与える影響に関しては意見が真っ二つに割れる結果に。最も恩恵にあやかれるのはファクタリングを選択肢に入れた経営者!?
2019年5月28日 ピーエムジー株式会社
Yahoo!ブックマーク  iza Choix Buzzurl Flog del.icio.us はてなブックマーク Googleブックマーク  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

元号が「令和」になったり、新しい紙幣が発表されたりと、今日本では大きな「変化」がいくつもあります。
大きな変化と言えば数年前、なんと120年ぶりに民法が改正されたのはご存知でしょうか?
主な改正内容のひとつとして「債権譲渡の緩和」があり、2020年から改正法案が施行されますが、債権譲渡の緩和が企業にどのような影響を与えるのでしょうか。
また、企業に勤める会社員の方には影響はあるのでしょうか。
今回ピーエムジー株式会社は、30~60代の自営を含む経営者の男女を対象に「民法改正」に関する意識調査を行いました。

ファクタリングサービスを展開するピーエムジー株式会社(https://p-m-g.tokyo/)は、「民法改正」に関する意識調査を行い、企業に勤める会社員の方への影響について調査しました。


調査概要:『「民法改正」に関するアンケート』

【調査日】  2019年4月16日(火) ~2019年4月22日(月)

【調査方法】 インターネット調査

【調査人数】  1,212人

【調査対象】 30~60代の自営を含む経営者の男女

【モニター提供元】ゼネラルリサーチ


民法改正の施行時期に対する認知度は約3割という結果に。気になる内容の理解度は・・・?


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1ODU1NCMyMjA3MzUjNTg1NTRfTEFKb2tkb25RZy5wbmc.png ]


2017年に120年ぶりに民法が改正されたわけですが、「2017年に改正された民法が2020年に施行されることは知っていますか?」と質問したところ、「はい」という回答は3割程度となり知らない方が大多数という結果になりました。

また、上記で「はい」と回答された方に「内容はご存知ですか?」と質問したところ、「何となく知っている」-71.6%が最も多く、「知っている」-17.1%、「知らない」-11.2%と続きます。

現状施行時期に対する認知度は低いものの、内容に関しては9割近くの方が認知しているという結果になりました。


債権の譲渡に関する規制緩和を経営者はどのように捉えているか


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1ODU1NCMyMjA3MzUjNTg1NTRfZlhoZW9icm1kUS5wbmc.png ]


より具体的な内容として「債権の譲渡に関する規制緩和は一般消費者の生活に影響を及ぼすと思いますか?」と質問したところ、「はい」と「いいえ」の回答がほぼ同数という結果になりました。

下記、それぞれの回答になります。


【はい】

・規制が煩雑になる可能性が高くなるの